おもしろ自動車学校
現役指導員による自動車学校での出来事や技能・学科教習のポイントなどお伝えします。


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



商品無料仕入戦隊『電脳卸』


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
自転車の幼児用座席は体重を守らないと危険!

幼児座席、体重守って! 自転車耐久試験 超過で破断、脱落

大事な子どもを守るための座席が・・・

使い方などを守らないと取り返しのつかないことになってしまいます。

使っているうちに、これくらいは大丈夫かな? なんて使ってしまうことがあると思います。

使用上の注意はもう一度確認して事故にならないようにしましょう・・・・

↓の評価ボタンを押してランキングをチェックしてください!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

【記事はこちら】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000037-san-soci

7月の自転車3人乗りの解禁を前に、国民生活センターが幼児用座席を付けた自転車の耐久試験を実施した結果、子供の重さ制限を超えた場合に自転車と座席の接合部が破断し、座席が脱落しやすいことが15日、分かった。脱落による子供の転落事故も報告されており、センターでは「座席に乗せても可能かどうか、子供の体重は必ず確認してほしい」と呼びかけている。

 
[表でチェック]3人乗り自転車の6要件

 センターは先月までに、国内で販売されている荷台付きの自転車7機種で幼児用座席を積載した場合の耐久試験を実施した。

 その結果、「幼児用座席を取り付け可能」と表示している荷台付き自転車3機種の場合、制限体重をオーバーしても破断はなかった。しかし、表示のない荷台付き自転車4機種に幼児用座席を取り付け、体重を4キロ超えた22キロの人形(6歳児を想定)を乗せたところ、いずれも破断し、座席は脱落した。

 同センターは「荷台が付いていれば、幼児用座席の取り付けは可能だが、構造上強度が十分でないので、『幼児用座席を取り付け可能』と表示された自転車を使用することが望ましい」としている。

 また、座席に乗せても大丈夫な子供の体重については、同センターが消費者約300人にアンケートしたところ、「5~6歳児で体重15~22キロ」が過半数を占めていたことから、「余裕をもって18~25キロが積載可能であることを確認してほしい」と注意喚起した。

 これまで、各地の消費生活センターに寄せられた相談のなかでは、座席と荷台や、荷台と自転車本体の接合部が破断して子供が転落し、けがをした例が報告されている。

[テーマ:ママのお役立ち情報 | ジャンル:育児]

【2009/06/16 13:00】 | 子供を事故から守ろう | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<東京都道路交通規制が7月1日から一部改正 知ってますか? | ホーム | ひき逃げ犯を耳あかで逮捕とは・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://omoro110.blog52.fc2.com/tb.php/274-3b54d986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
車・バイクの査定はこちら

クリックしてブログを解析   























Pitta!

おすすめ 合宿免許

ランキング参加中

ランキング参加中ご協力お願いします

お得な自動車保険

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

もしもショッピング

スポンサードリンク









もしもドロップシッピング

カテゴリー

最近の記事

免許取得応援・お役立ちサイト

このブログをリンクに追加する

おすすめ

↓免許取得応援↓
ここからバーナー
↓免許取得応援↓
Themenkyo kirakira



 


























おすすめサイト

おすすめ商品


アフィリエイト・SEO対策 無料blog ホームページ カウンター  



月別アーカイブ

最近のトラックバック

訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。