おもしろ自動車学校
現役指導員による自動車学校での出来事や技能・学科教習のポイントなどお伝えします。


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



商品無料仕入戦隊『電脳卸』


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
乗用車が線路内を150メートル走行し電車と衝突! 京都
阪急と衝突 乗用車、線路内約150メートル走行 京都

京都市で快速電車と乗用車が衝突!
運転していた男性(84)が死亡する悲惨な事故が発生した。

この男性は、踏切から線路内に進入したみたいです。
その後150mほど走行し、快速電車と正面衝突・・・・・。
 

どうして? 線路内を走行してしまったのでしょう・・・・・?
走っているときに、相当な衝撃があったと思うのですが・・・・

年齢も84歳と高齢ではありますが間違って侵入してしまったとすると、運転手に何らかの問題があったのではないかと思います。

高齢者講習で行う、認知機能検査の結果はどうだったのでしょうね?
少し気になります。

【PR】
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料! 
激安再生バッテリーはコチラ

ガリバー廃車見積サービス
ガリバーの中古車探しのエージェント
★月額105円~/容量最大60GB/機能満載!ロリポップ!レンタルサーバー ★

ランキングにご協力を・・・・
  ブログ王 blogram投票ボタン

 

 
 
【記事はこちら】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000040-san-l26&pos=2

■右京署 列車往来危険容疑も視野に

 京都市右京区西院久保田町の阪急京都線松原通踏切付近で21日夜、快速電車と乗用車が正面衝突し、乗用車を運転していた大阪府東大阪市の無職男性(84)が死亡した事故で、右京署が列車往来危険や過失往来危険の容疑も視野に捜査を始めたことが22日、同署への取材でわかった。同署は男性の死因の特定を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、男性の乗用車が線路内を約150メートルにわたって大阪方面へ走行した後、梅田発河原町行きの快速電車と正面衝突し、200メートルにわたって引きずられていたことが判明。

 乗用車が遮断機が降りる前の踏切の西側から線路内に進入したする目撃情報があり、電車の運転士は、400メートル手前で乗用車のヘッドライトを確認、ブレーキをかけたが間に合わなかったと話している。同署は男性の車が線路内に侵入し、軌道上を走行した経緯を詳しく調べる。

 阪急電鉄によると、衝突の衝撃で車は電車の先頭車両の下にもぐり込み、撤去が完了したのは、事故発生から約2時間半以上が経過した21日午後11時24分だった。この事故で、同線は、上下線17本が運休、上下線100本が最大99分遅れ、約3万6千人に影響した。

[テーマ:交通事故 | ジャンル:車・バイク]

【2013/01/23 19:36】 | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【BMW純正】 乗用玩具 ベビーレーサー 2 ブラックサファイア | ホーム | 2012年(平成24年)全国の交通事故死者数>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://omoro110.blog52.fc2.com/tb.php/646-7c12d7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
車・バイクの査定はこちら

クリックしてブログを解析   























Pitta!

おすすめ 合宿免許

ランキング参加中

ランキング参加中ご協力お願いします

お得な自動車保険

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

もしもショッピング

スポンサードリンク









もしもドロップシッピング

カテゴリー

最近の記事

免許取得応援・お役立ちサイト

このブログをリンクに追加する

おすすめ

↓免許取得応援↓
ここからバーナー
↓免許取得応援↓
Themenkyo kirakira



 


























おすすめサイト

おすすめ商品


アフィリエイト・SEO対策 無料blog ホームページ カウンター  



月別アーカイブ

最近のトラックバック

訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。